今後のアメリカを中心とした外交について

四国の徳島に住んでいます28才の女性会社員です。
保険の外交をしています。
去年に長年住んでいたわが家を脱出して、ただいま一人暮らし。
それまでも一人暮らしをしようかなと悩んでいたのですが、彼氏もできないし、近くの占い師さんに観てもらったら、なんか実家にいると運勢が動かないよ!といわれ、背中を押された。

 
家を出れば彼氏はすぐにできると言われて半年になるけど、いまだその兆候はないけど。
趣味はネットサーフイン、田舎にいても情報はすぐに入ってくるし、ネットをしているときだけ都会気分を味わえるし。

 

 

 

私なりに世相の分析をしてみたんだけど。
昨年はアメリカ大統領選が行われ、今年トランプ政権が動き出しました。特に今年はヨーロッパも各国の政権交代の可能性もあり、EUの求心力が問われます。

さて、こうした大きな動きにあって、なんといってもアメリカとの外交、付き合いをどのようにしていくべきか大きな課題に日本としてはあげられるポイントです。トランプ大統領は極端な保護主義、そしてアメリカ第一主義を掲げて、民間企業の活動にさえも口出しを行う状態になっています。政権を取る前からメキシコとの外交、TPPへの署名拒否、二国間貿易協定の重視という政権公約を掲げてきました。政権を取ってからは多少丸くなったところもありますが基本的にはかわっていません。

 

 

 
日本政府の付き合いという前に例えば、トヨタが工場の問題でトランプ大統領から指摘を受け、大きな方向転換を行いました。特にトヨタのように北米の市場が大きな位置づけを占める場合は気を使わざるを得ません。しかしながら、工場を建設して雇用も確保しているにもかかわらず、ここまでトランプ大統領から指摘を受けることに関しては異論をとなることもなく受け入れているところにも若干違和感を感じます。

 

 

また、安倍政権としても、オバマ大統領とあれだけ親密だったにもかかわらず、トランプ大統領ともその政策うんぬんよりも27ラウンドのゴルフでの人間関係構築を目指そうとしている、この極端な変わり身が海外諸国からどのような評価を受けているのか気になるところです。
アメリカが保護主義を続けていけば、アメリカ国内の内需は盛り上げることでしょう。
一時的に海外諸国にも圧力をかけることで輸出も伸びることになります。しかし、産業だけではなく、移民を制限することになれば、必然的にこれまでアメリカがあらゆる面で多様性を重視してきたからこそ栄えてきた歴史が失われてしまいまいます。

 

 

 

必然的に中期、長期で見た場合に国力としては失われていくことになりかねません。日本ともアメリカとの付き合いを経済面で特にどう考えていくのか非常に難しい局面を迎えることになります。もちろん、安全保障という意味でのアメリカとの付き合いも間違いなく重要なものです。これからも日本にとってアメリカが最も重要な同盟国であることは変わりありません。

それだけに安倍政権の力量が問われます。

占いで私が決断したこと

大阪のグランフロントで、期間限定でグランフロント内で食事をした方限定で占いをしてもらえる、という無料の占いで初めて手相占いをしてもらいました。

あ、そのときにはタロット占いもしておりました

 
その時私は大学卒業間近で4月から新社会人で、その時に長年付き合っていた人と別れようかで悩んでいました。
手相を見てもらう時に、これからの仕事面での成功や、結婚、今の彼との関係に終止符を打つのかを主に見てもらいました。

 

占いというものが初めてだったので、正直信用していなかったため最初はどうせ当たらないでしょ、と思っていました。
しかし、最初にいわれた言葉で直ぐに私は簡単に信用してしまいました。それは、「手相で旅行線がすごくでているよ」と言われた事です。

ちょうどその月に3個ほど海外旅行を決めていたので、その言葉を聞いた時は、この人何者。。。と思いました。

 

 

それからその占い師は手相を見ながら私の性格などを言っていきました。【二面性がある。言いたいことはしっかり言うタイプ。ちょっと変わった性格。周りに気を配りすぎてちょっと疲れやすい。わがまま】でした。

 

当たりすぎてとても怖かったです。次に仕事の事を聞くと、【誰も考えないことを思いつくから企画開発とかに向いてるよ】っと言われ、4月から現在もデザイン関係でアイデアが必要とされるところで働いており、とても順調に仕事ができているので、今思うととても当たっているなと思いました。

 

 

 

さらに、一番気になっていた彼氏との今後の関係については【今とてつもなく問題を抱えているようだから、白黒はっきりさせなさい】と言われ、更に「結婚は22歳か27歳」とその時言われました。

 

占い師から言われたで踏ん切りがつき、そろそろ白黒つけようと思い3年半付き合っていた彼と別れることを決意し告げました。その時に、彼から最後に【プロポーズを今年考えていた。。。】と言われました。その時22歳の結婚というのはその事だったのだとゾッとしました。
今回の占いで決断できずにいた事を解決でき、しかも新しい恋も今はでき、とても楽しい日々を送れているので占ってもらって本当に良かったなと思っています。

『癒しのモーニング』

わたしは、東京でサラーリマンをしている46歳男性です。
妻と娘が二人居ますが、何年も前から夫婦仲は冷めきっていて、最近では夫婦での会話もなく、妻がやたらと機嫌良く優しくなるタイミングと言ったら、自分の誕生日直前か、わたしのボーナスが入る時期くらいなものです。
年頃になった娘たちはそれぞれ彼氏もできたようで、わたしを毛嫌いして避けているようにも見えます。

 

 
小さい頃かはパパと結婚する〜なんて、ママに焼きもちをやいていたくらいなのに、寂しいもんです、男親なんてもんは。
毎朝6時になると起きて、満員電車に揺られて会社に向かう日々ですが、そんな中で楽しみにしている日課があります。
会社のすぐ側にある、カフェのモーニングを食べること。
通い出してからもうすぐ一年になるかな。

少々レトロな内装で、中々落ち着ける空間です。
モーニングメニューもそこそこ美味しくて、飽きないように時々トーストをホットドッグに変更してみたり、ピザに替えたりしています。
チェーン店ではありますが、接客が素晴らしくいい!!

 
図体のでかい、恐らく無愛想であるこのわたしに、女性スタッフはいつもにこやかに挨拶をしてくれます。
その「おはようございます」「いってらっしゃいませ」が聴きたくて通っているのではと思うほどです。
まるでメイド喫茶みたいに、フリフリのエプロンをつけて、「ご主人様♡」と呼ばれる妄想が頭の中で繰り広げられていることは秘密ですが、まぁ男なんてそんなもんですな。

 

 
女性スタッフは2名で、ベテランの風格が漂う40代の主婦らしきスタッフと、最近入ったばかりの20代前半と思われるスタッフですが、二人共いつ来ても笑顔で働いています。
こちらもにこやかに接してみたいと何度か試みてみたのですが、最後に「ごちそうさま」と言うのが精一杯なわたしは、意外と照れ屋なんですね。
よく怒っていると勘違いされることもしばしば。

 
家庭内は冷え切っていても、わたしを笑顔で迎え入れ、送り出してくれる場所がある。
そこで飲む珈琲はたったの200円とちょっとなのに、なんと美味しく感じられることか。

 
来週も彼女達の笑顔を楽しみに、忙しい金曜の一日をのりきろうじゃないか。

いってきますね〜。